【ふ 不思議に思うCM】

あくまでも、私個人の感想です。
今、思いつくのは「2つ」。そして、北海道、いやもっと小規模の放映かもしれません。

1.プロアクティブのCM
いくつかパターンがあり、最近内容が変わったので書かなくても良いかな…とちょっと思ったのですが、ちょっと前まで流れていたので書きます。北海道だけかもしれませんが、このCMは「ニキビを治療?する化粧品?医薬品」です。
タレントさんだけや、にきびに悩んでいた人個人が感想を述べるCMには、特に問題がないのですが、1種類だけ私が不思議というか、そこまで?と思ったパターンがありました。それは、「子供のニキビ」を「子育て」と関連付け、尚且つ、ちょっと前までは、「悩んでいたら母が買ってくれました」「父が気がついて、買ってきてくれました」「おねだりしたら、そんなに良い商品なら…と母が買ってくれました」「おばあちゃんが買ってくれました」とニキビに悩んでいたお子様達がコメントをするものです。そして、プロアクティブ側も「子育てを完璧にこなすのは大変」と言って、「肌トラブル」の解決に当たり前のように子育てを組み込んでいました。
確かに「アトピー」や「アレルギー」等で肌トラブルが子育ての一部になる家庭もあります。それは、病院に行って治療を受ける必要があるものもあるかもしれませんので、親が関わってきます。
しかし、ニキビのケアまで手が回る家庭はそんなに沢山あるのですか?
衣食住・教育すらままならない家庭もあると思います。
そもそも「完璧な子育て」とは、どういうものなのでしょうか?
私は子育て経験はありませんが、育てられた側からの意見としては、
「子供のやりたい事・気持ちを汲み、少しでも後悔のない子供時代を過ごし、大人になってからも親を尊敬できる関係」
が理想でした。しかし、家庭の経済状況や、親の顔色等を、子供は大人が思っている以上に察します。
どんなに「夢」を見ても、言えない年齢・状況にある事を子供は本能的に理解しているのです。
しかし、プロアクティブのCMは「さらっ」と子育てと結び付けている…ビックリです。
今週あたりから、上記の内容は少し変わり、相変わらず「子育て」と結び付けていますが、コメントが一人に減りました。以前ほど不快感はなくなりましたが、子育ての優先順位では「思春期ニキビ」はそれが原因でイジメ等にあっていない限り、他の事より低いと思うのは、私だけでしょうか…

2.新和グループ(パチンコ店)のCM
これは、ローカルCMの可能性高いですよね。北海道で何店舗かある結構大型のパチンコ店のCMです。
そのCMの何が「不思議」なのかというのは、第一声が
「私は働くまで、挨拶がそんなに大切なもの(あれ?意味があるものだとは…だったかな)だとは知りませんでした」です。
えっ、挨拶は幼少の頃から、「きちんとしましょう」と保育所や幼稚園、小学校に到っては「マナー?しつけ」として、習ってきたような気がするのですが…
物騒になってきた昨今ですが、知り合いやお友達・先生、家族に挨拶をするのは、当たり前ではないのですか?
私の勘違いでしょうか?
「挨拶の重要性」から始まる為、「パチンコ店」のCMだとは、わかる人にしか解らないので、放映できるのかもしれませんが…
私には、意味不明です…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック